機構概要 About Us

機構情報

機構名 一般社団法人企業環境リスク解決機構
(英文名称:Corporate Environmental Risk Solution Institution)
代表理事 野田 隆司
設立 平成27年7月
所在地
TEL 03-6435-7747
FAX 03-6809-2582
事業内容
  • ・解決マネジメント
  • ・環境対策支援
  • ・検定事業の運営

理事・監事紹介

代表理事
野田 隆司

京都大学農学部卒業後、日本不動産銀行(現あおぞら銀行)入行。
1997年同行常務取締役退任。
一般社団法人企業環境リスク解決機構代表理事。

理事
山口 務

京都大学農学部卒業。1964年 通商産業省入省。
1970年代の公害第一課総括係長在任中に経験してきた産業公害対策や、さらに大気汚染防止法や水質汚濁防止法の立案作業に第一線で関わり、通産省(現・経産省)で地球環境室の設置を提唱し実現した。
この経験を生かし、中国(上海交通大学、大連理工大学)および国内(奈良先端大学院大学、京都産業大学)の大学で教鞭を執る。
著作に、『産業公害と規制』(日経文庫 1971年)、「地球環境再生への挑戦」(時事通信社 2002年)。

理事 兼 事務局長
子安 伸幸

岐阜県出身。千葉大学工学部卒。
企業の産業廃棄物に関する危機管理のためのコンサルティングや人材育成を手掛ける、株式会社ユニバースの立ち上げに寄与。
セミナー講師・企業担当者に対するアドバイザーとして、延べ4000人以上にプレゼンテーションを行いクライアントの産業廃棄物に関する危機管理意識向上や対策等を立案・指導している。
廃棄物削減やリスク管理などのコンサルティング業務における戦略的な問題解決手法に定評がある。
著作に「トラブルを防ぐ産廃処理担当者の実務」(2013年9月発売 日本実業出版社 (株)ユニバース著)、「環境担当者の仕事がわかる本」(2009年12月発売 日本実業出版社 子安伸幸著)、他多数。

監事
畑中 鐵丸

日本国弁護士・ニューヨーク州弁護士。
東京大学法学部在学中に司法試験(日本)及び国家公務員試験Ⅰ種に各合格。
新日本製鐵勤務等を経て、弁護士登録し、1998年に渡米。
ペンシルバニア大ロースクール(修士課程)留学、ニューヨーク州司法試験合格後、Kirkland&Ellis法律事務所勤務等を経て、弁護士法人畑中鐵丸法律事務所を設立し、現在に至る。多数の企業・医療機関・学校法人等の顧問弁護士を務めるほか、日本弁護士連合会債権回収に関する委員会(サービサー委員会)委員長、日本商品先物取引協会あっせん・調停委員、一般社団法人ニューメディアリスク協会理事等を務める。

アクセスマップ

アクセスマップ

〈アクセス〉
一般社団法人企業環境リスク解決機構
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目7番10号ランディック虎ノ門ビル5階
TE L:03-6435-7747
FAX :03-6809-2582
東京メトロ日比谷線神谷町駅徒歩2分。
4a出口からみずほ銀行に向かって桜田通りを直進。
1階がなか卯のビルになります。
入口は建物の北側にございます。